読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

エスティマの電動スライドドアが開かない!修理代は?

開かなくしまったエスティマスライドドアを動かすにはどうすれば良いの?やっぱり修理が必要?自分で修理は難しい?

スライドドアが故障して動かない・閉じないエスティマの修理代

発表からすでにだいぶ年月が経過しているものの、
このスタイルのためにエスティマにしたと言っても良いくらい、
他に比べる物がなく美しい外観だと感じていました。

家族には不評でしたが、
薄いヘッドランプやデイライトが未来っぽくて、
自分の好みにはピッタリ。

エンジンも軽く吹け上がり軽快に加速していく感じで、
高速走行時もそれ程、騒音は気になりませんでした。

アルファードに比べると、
乗り心地や操作系に物足りなさはあったものの、
コストパフォーマンスに関しては、
120点の車でした。

けれども、ある日突然、
妻が子供の送り迎えに使おうとしとき、

スライドドアが開かない!?

という、悲鳴にも似た知らせを持ってきて、
いよいよ、世代交代の時がやってきたのかな?
と思いつつ、故障の原因を調べてみました。



■スイッチのON・OFF確認!

まずやらなければいけないのは、
電動スライドドアのスイッチの確認です。


左右両側パワースライドドアの場合には、
ルームランプのとこにあるはずです。


左側パワースライドドアのみの場合は、
ハンドル右にスイッチが付いているはず。


誤って操作してしまいがちなので、
スイッチがOFFになっていないか?
確認をしてみましょう。

ココがONになっていた場合、
問題は複雑になってきます。汗





■スライドドアが動かなくなる原因



ヒューズ切れ

ヒューズとは簡単に説明すると、
家庭にあるブレーカーと同じです。

車の中にある電気部品に対して、
過剰な電流が流れそうになった時、
ヒューズが物理的に切れるようにして、
電気部品が壊れないようにしています。


ヒューズボックスの場所がどこかわかれば、
素人でも比較的簡単に修理ができます。



ゴムパッキンの劣化

スライドドアの周りにつけられている
ゴム部品が劣化してしまい、
車体に食い込むような状態になっている
可能性もあります。

ゴム部品を新しいものに変えるだけなので、
比較的、修理コストは安上がりです。




ワイヤー切れorモーターの故障

パワースライドドアの構造は、
モーターでワイヤーを引っ張って動かす
単純な仕組みになっています。

このワイヤーが切れてしまっていたり、
モーターが故障してしまった場合には、
スライドドアが動かなくなります。

いずれにしても部品交換を
する必要があります。




■スライドドアを修理するには?

ヒューズ切れやゴムパッキンの劣化の場合、
ディーラーに修理を依頼しても、
2万円もかかりません。


しかしモーターやワイヤーに異常があった場合、
基本的に部品を丸ごと交換することになります。

モーターとワイヤーはワンセットになっていて、
どちらか片方だけ交換することができない
仕組みになっているからです。

気になる部品代はというと
4万円~7万円程度。

ここに工賃が加わるので、
10万円は見たほうが良いです。


決して高くはないので、
いっそのこと修理をしないで
手動に切り替えて開け閉めするのも、
一つの乗り方です。


ただその前に一つ確認をしてもらいたいのが、
愛車の価格は今いくらなのか?です。




■車の現在価値を知ろう

スライドドアが壊れても見た目は変わらないですから、
しぶしぶ乗り続けても良いものの、
新しい車に乗りかえるという選択肢もあります。

車をもっとも高く買取してくれる業者を探してみると、
意外と高値で買い取ってくれるものなんです。


10年落ちで20万キロ近く走行していても、
買取業者によっては良い値段を提示してくれる
可能性があるんです。


僕の車もすでに11年目になっていて12万キロ走行。
試しに近くの買取業者に見てもらったら
「廃車にするのにお金がかかるよ」と
言われてしまいました。汗

けれども一括見積サイトを使って、
違う業者にも査定額を聞いたところ、
何と【26.3万円】もの値段を
つけてもらうことができました。



ちなみに、車の状態によっては、
10年・10万キロ走行でも
【66.9万円】
モノ音がつくことがあるそうです。


これだけの価格がつくのであれば、
わざわざ古いエスティマを乗り続けなくても、
新しいエスティマに乗り換えるときの頭金にも
十分過ぎますよね。



スマホで1分で入力完了!

一括見積サイトでは、
下記の4項目と連絡先を簡単に入力すればOK。

1.メーカー
2.車種
3.年式(アバウトでOK)
4.走行距離(アバウトでOK)

フォームが良くできているので、
パソコンじゃなくてもスマホからでも、
楽々入力できましたよ。



たったこれだけの手間で、
26.3万円も損するところを
防ぐことができました。




エスティマ自動車保険について知っておくべき事

車を運転するときに自動車保険はかかせません。漠然とは分かっていても難しい用語が色々出てきて詳しい内容はよく分かりません、という人が多いと思います。
嫌な事ですが、一旦事故をするとその重要さがよくわかるものです。だからこそ、何かが起こる前にしっかり自分の保険について見直す必要があります。
自動車保険は、自賠責保険と任意保険に分けられます。まず、自賠責保険ですが、こちらは法律で義務づけられている保険の事で、強制保険です。
ですので、自動車を購入して運転する場合は必ず加入しないといけません。この自賠責保険の補償範囲は、対人賠償のみとなっておりますので、事故による自動車の修理費など、運転者本人の怪我などはカバーされません。
保障されるものは、被害者の治療費や死亡損害、休業損害、後遺症障害、慰謝料などです。
一方、任意保険は自分で加入するかどうか決められる保険の事です。実際、事故を起こしてしまうと自賠責保険による補償では足りないケースが多いのです。
その不足分を補うために任意保険というものが存在しているのです。ご存知のとおり、様々な保険会社で販売しており、その商品ごとに特徴があります。
自賠責保険では補償されない、運転者本人や自動車の補償もカバーできますので、任意とはなっていますが、必ず加入した方が良いでしょう。
さて、いざ保険に加入しようと思っても、沢山の保険会社があり実際の所はかなり迷ってしまいますよね。最近ではインターネットでの見積もり等が簡単にできますのでじっくり検討する事をおすすめします。
自動車保険の保険料が自由化されて以来、それぞれの保険会社が独自の料率で自由に保険料を決定する事ができるようになり、各社はさまざまな新商品を販売しています。
さらに外資系保険会社の参入により多種多様な形態の保険商品が販売されています。
保険は大きく分けて二つのタイプがあります。リスク細分型と補償拡大型です。リスク細分型はリスク区分を細分化することにより、リスクが少ない区分に入る人は、従来の国内損保の保険料より安くなりますが、逆に、事故率の多い若者層や車の使用頻度の多い人など、リスクが高い区分に入る人は保険料が高くなります。
一方、補償拡大型は、従来型の保険に人身傷害補償保険をつけ、補償範囲を拡大したタイプです。
人身傷害補償保険を契約していると、自動車事故で怪我をした場合、自分に過失があるなしにかかわらず、また、示談の成立を待たずにその損害額が保険金額を限度として支払われます。
安ければどこでもいい、というわけではなく、車種や走行状況を考慮して自分のスタイルにぴったりなものを選ぶ事が重要です。

エスティマで事故を起こした時に便利なサービス

自動車保険には基本補償や特約というものを比較対象にしてしまいがちですが、それ以外にも、事故を起こした時に役立つサービスを保険会社が用意しています。
こういうサービスも比較対象のチェックポイントに含めて自分に合った自動車保険を選んで下さい。
(1) 事故時の初期対応 24時間365日体制で事故報告を受け付けているサービスです。また、頼めば興奮した相手への対応をしてもらったりできます。また、病院などへ連絡をしてくれたりするということもあります。
(2) 示談交渉示談交渉とは、損害賠償の金額を決定することです。なんといっても交通事故の後始末としてはお金で解決することです。しかし、普通の人が示談をするといっても、なかなかまとまりません。そんな損害賠償金の交渉を保険会社が契約者に代行してくれるというサービスです。
(3) 無料レッカーサービス大きな事故で自動車が自走できなくなることがあります。そんな時に自動車をレッカー移動してくれるサービスです。保険会社によって無料となる修理工場への搬送距離が違うのでしっかりチェックしておくことが必要です。
(4) 代車無料提供サービス 事故車両が修理のために使えない時に、保険会社が提携している修理工場等で修理していれば、修理期間中の代車を無料で提供してくれるというサービスです。
車両保険に付帯する特約のことで代車費用特約というのであれば、自分でレンタカーを借りてその費用を請求することになりますが、このサービスがあるとそういう手続きの煩わしさがありませんね。
(5) 事故、故障時の付随費用サービス 旅先などで、事故・故障によって車が自走不能となったらどうしますか。
帰宅できない場合にはどこかのホテルに泊まるしかありませんね。また、鉄道などの代替交通手段で帰宅の必要もあります。修理後に車両を自宅まで搬送することも必要です。このような「宿泊費用」、「帰宅費用」そして「搬送費用」などの費用を補償してくれるサービスがあります。
ただし保険会社によって内容や条件が異なっていますから、内容についてはよくチェックしておく必要があります。
(6) 故障時のトラブル対応サービスこれは、事故時だけでなく、普段の運転中に起こる故障やガス欠・キー閉じ込みなどのトラブルでも現場へ修理に来てくれるサービスです。
これは私も利用したことがあり、自動車で出勤しようとした時にパンクしていたので、保険会社に電話してパンク修理に整備工場の人が来てくれました。
費用は無料でした。事故は起こさないことが第一ですが、もし事故を起こしたら自動車保険が頼りです。だから自動車保険を選ぶときに基本補償や特約いがいにも細かなサービスもチェックしておくと安心ですね。
ただし、これらサービスについては特約に含まれている場合もあります。